書評

星野源さんのエッセイ一覧と読んだ本のレビュー

エバの本棚「星野源」

星野 源さんのエッセイがおもしろい。もう、この一言に尽きるのだけれど……。

扱われる内容の重力が目まぐるしく変わり、表情が緩んだり(深く考えて)気が沈んだりと、ひとり感情が忙しくなる作品も。

文庫化されたエッセイ集は、どこかへ出かけるたび、ついバッグの中に忍ばせてしまうんですよね。

 

そして生活はつづく

星野 源さんにとって、初となるエッセイ集。「生活をおもしろがる」のテーマなだけあって、ゆるい日常生活が多く収められている。紅白で歌う「星野 源」でも、平匡さんを演じる「星野 源」でもない、地に足のついた著者と出会える。

何度読んでも飽きないので、電車で出かけるときの一軍必需品になった。ネズミの出るアパート暮らしなど、「そんな時代あったの?」を遡って知れる、貴重な1冊。

> そして生活はつづく(Kindle版あり)

 

よみがえる変態

前作よりも重たい空気の1冊。前半は主に仕事や生活が、後半はくも膜下出血で倒れたあとの様子が描かれている。まるで1本のドキュメンタリー映画を見ているような、ひしひしと伝わる緊張感がある。

著者曰く「まるで別人の人生を読んでいるよう」とあり、連日活躍する元気な姿の星野源さんからは想像できないシーンも多い。

> よみがえる変態(Kindle版あり)

 

いのちの車窓から

他のエッセイに比べて、まだ新しい内容が多いエッセイ集(『SUN』や『逃げ恥』など)。音楽から舞台・ドラマの共演者など話題の幅が広く、まるでテーマパークのよう。

大切に言葉を紡いでいるのがよく伝わり、心が温まるエピソードも多い。「最近、トゲトゲしてるかも……」と感じたときなど、医者からもらう処方箋のように、ページをぺらぺらとめくっている。

> いのちの車窓から(Kindle版あり)

 

星野 源 ふたりきりで話そう

インタビュアーを挟まず、「星野源&ゲスト」のふたりきりの対談が収められているムック本。ありきたりな仕事話ではなく、本当に雑談のような話も読めて楽しい。

バナナマン・日村さんと語られた「面白さ」は、共感するところがある。その他、石田ゆり子さんや渡辺直美さんなど、計11人との対談が収納。ここでしか聴けない話にはボリュームがあり、完読までもう少し時間がかかりそう。

> 星野 源 ふたりきりで話そう

 

働く男

関わっている仕事を、簡潔かつ丁寧に紹介するような1冊。自作曲の解説や出演作の裏側など、立入禁止区域にいるようで、ワクワクする話が多い。解説を読んでから聴く音楽は、また違った風味を感じられる。

巻末の又吉直樹さんとの対談は異色コンビにも思えたが、複数のワラジを履く似たもの同士で盛り上がっている。ここだけを、つい何度も読み返してしまうのは、不思議な空気感からだろうか。

> 働く男(Kindle版あり)

 

ABOUT ME
eba(エバ)
当ブログ『ebalbum』の運営人。 読んだ本の感想、電子書籍サービスの使い心地を紹介しています。 ミステリー小説、エッセー、ギリシャ・ラテン文学が好き。